任意整理のデメリットまとめ!【クレジットカードやローン情報】

任意整理のデメリットまとめ!【クレジットカードやローン情報】

任意整理のデメリットまとめ!【クレジットカードやローン情報】

任意整理では借金の総額を減らし返済を目指すのが基本となりますが、借金を減額するには過払い金の額が関係してきます。過払い金の額によってメリットだけではなくデメリットが出てしまうため、借金の性質を判断することも必要です。過払い金は一般にはグレーゾーン金利で借り入れしていた期間が長いほど多くなりますので、人によっては残債をすべて完済できる場合があります。完済した他に残った分は一時的な収入のように手にすることが可能ですが、過払い金が少ない場合の任意整理ではデメリットが大きくなります。クレジットカードなど金利の低い借入の場合には、過払い金がほとんど発生しないケースが多くなります。任意整理後の利息の負担が無くなる分だけメリットがありますが、返済額が大きくなり厳しい生活を送らなければならない場合もあります。過払い金の額がメリットにもデメリットにもなりますので、借入先の金利も高さも関わってきます。任意整理のデメリットといえば、信用情報機関期間に事故登録されてしまう点があります。融資審査には信用情報機関の情報が関係してきますが、事故登録があると審査に通らないのが基本です。任意整理後は整理しなかった金融業者もいずれは利用できなくなりますし、新規の借り入れは確実にできなくなります。過払い金が高額になればメリットが大きい方法となりますが、過払い金が少ない場合にはデメリットが大きくなってしまいますので、安易に任意整理を行わない法が良いと言えます。