※任意整理しても、クレジットカードを残すことって出来ますか?

※任意整理しても、クレジットカードを残すことって出来ますか?

※任意整理しても、クレジットカードを残すことって出来ますか?

キャッシングやカードローンといった現金の借り入れだけでなく、クレジットカードによる借り入れや買物の未払い金額などについても、任意整理で借金の負担を軽くすることは可能です。任意整理というのは破産や個人再生とは違い、基本的に借金を全額返済しなければなりません。しかし、過去にグレーゾーン金利で借り入れをしていた人の場合には、利息を引き直し計算することでかなりの減額や、場合によっては過払い金を受け取ることもできます。2010年以前に借り入れをしていた人は、このグレーゾーン金利で借り入れをしていた可能性が非常に高いため、任意整理をすることで大きなメリットが得られます。
借金が残った場合であっても、和解締結後は利息を負担せずに返済できることが多いため、かなり支払いは楽になります。ただし、クレジットカードははさみなどで裁断して、カード会社に返して二度と使うことはできません。また、他社で新たに借り入れを申込んだりクレジットカードの発行依頼をした場合でも、審査で断られてしまいます。任意整理などの借金の整理をしたことは、信用情報に数年間履歴が残されてしまいますので、ブラック扱いになっているためです。手続きをするときには、今後まとまった金額の買物をするときのリスクも考慮して行うようにしましょう。弁護士や司法書士といった専門家に相談したり手続きを依頼すると、面倒なこともなくスムーズに終了します。返済だけは自分で続けましょう。